Publications

(Check the 1st page of the paper by left-clicking the title)


A. Reviewed Paper

[108] 三浦克弘,吉田治典:躯体蓄熱暖房利用時における空調機能力の決定方法についての考察,日本建築学会環境系論文集,第74巻,第637号,pp.369-377,2009.3

[107] 山口弘雅,吉田治典,丹羽英治,渡邊剛,宮田征門,小田久人,塩谷正樹:コミッショニングのための冷却コイル特性実験とモデル精度の検証,空気調和・衛生工学会論文集, No.143,pp. 61-70,2009.2

[106] Fulin Wang, Harunori Yoshida and Eikichi Ono, Methodology for optimizing the operation of heating/cooling plants with multi-heat-source equipments, Energy and Buildings, Vol. 41 (2009), pp. 416-425, doi:10.1016/j.enbuild.2008.11.012

[105] 山口弘雅・吉田治典:水蓄熱式空調システム最適運転のための負荷予測精度の検証と改善,空気調和・衛生工学会論文集,No.141, pp. 1-8, 2008.12

[104] Noriko Umemiya, Masafumi Kawamoto, Takashi Tanaka, Ryoji Okura, Motohiro Majima, Rie Nakajima and Harunori Yoshida: Effects of air movement and thermal radiation on thermally comfort range in urban districts, Proceedings of the 18th International Congress of Biometeorology, O-08, pp.1-4, 2008.10

[103] Hirotake Shingu, Harunori Yoshida, Fulin Wang, Eikichi ONO: Preliminary Retro-Commissioning Study on Optimal Operation for the Heat Source System of a district heating/cooling plant, The 8th International Conference of Enhanced Building Operation, Berlin, Paper No. 128a, 2008.10

[102] Song Pan, Mingjie Zheng, Harunori Yoshida: Commissioning of a Coupled Earth Tube and Natural Ventilation System at the Acceptance Phase, The 8th International Conference of Enhanced Building Operation, Berlin, Paper No. 94, 2008.10

[101] Masato Miyata, Harunori Yoshida, Hiroki Yoshida: Development of an Information Flow Mechanism for Commissioning, The 8th International Conference of Enhanced Building Operation, Berlin, Paper No. 55, 2008.10

[100] Fulin Wang, Harunori Yoshida, Michiko Yamashita: Improving Air-conditioners’ Energy Efficiency Using Hydroponic Roof Plants, Proceedings of the 29th AIVC Conference in 2008, pp. 131-136.

[99] 細淵勇人,吉田治典:天空放射輝度分布が空調熱負荷に与える影響に関する研究 -京都実測データによる天空放射輝度分布を考慮した熱負荷計算,日本建築学会環境系論文集 第631号,pp.1101-1108,2008.9

[98] Satoshi HASHIMOTO, Takaaki MATSUDA, Hideo SHINBAYASHI, Harunori YOSHIDA, Fulin WANG and Kazuhiro SHIOTA: An energy-saving method for air-conditioning system by using weather forecast: Proceedings of Conference: Air Conditioning and the Low Carbon Cooling Challenge, Cumberland Lodge, Windsor, UK, 27-29 July 2008.

[97] Naoko Yamaoka, Harunori Yoshida, Mitsuo Tanabe, Michiko Yamashita, Takuma Koga: Simulation Study of the Influence of Different Urban Canyons Element on the Canyon Thermal Environment, Building Simulation: An International Journal, pp.118-128, 2008.5.

[96] 真嶋一博, 梅宮典子, 吉田治典, H.B.リジャル:都市内街区における路地の熱的快適性評価 -京都西陣地区における調査, 日本建築学会環境系論文集, 第622号, pp.41-48, 2007.12

[95] Song Pan, Mingjie Zheng and Hanunori Yoshida: Commissioning of a Coupled Earth Tube and Natural Ventilation Syatem at the Design Phase, The 7th International Conference of Enhanced Building Operation, San Francisco, ESL-IC-07/11-39, 2007.11

[94] Song Pan, Hanunori Yoshida, Mingjie Zheng: Coupled Analytical Tool of Ventilation Calculation and CFD in Annexation System of Cool/Heat Tube and Natural Ventilation, Building Simulation 2007, pp.1983-1990, Beijing, 2007.9.

[93] N.Yamaoka, H.Yoshida, M.Tanabe, T.Koga, M.Yamashita:Simulation Study of the Influence of Different Urban Canyons Element to the Canyon Thermal Environment, Building Simulation 2007, pp.109-116, 2007.9

[92] M. Miyata, H. Yoshida, M. Aono, T. Takegawa, Y. Nagura, Y. Kobayashi, J. Kim: Optimal Operation for HVAC System with Seasonal Underground Thermal Storage System, Building Simulation 2007, pp.1991-1998, 2007.9

[91] Masato Miyata, Harunori Yoshida, Takuro Iwata, Zhaoming Zhang, Yoichi Tanabe, Tadahiro Yanagisawa:Application and Verification of Energy Baseline Estimation Method by Simulation, Building Simulation 2007, pp.1968-1974, 2007.9

[90] E. Ono, H. Yoshida, F. Wang, H. Shingu : Study on Optimizing the Operation of Heat Source Equipments in an actual Heating/Cooling Plant Using Simulation, Building Simulation 2007, pp.580-587, 2007.9

[89] Fulin Wang, Harunori Yoshida, Eikichi Ono and Hirotake Shingu:Methodology for optimizing the operation of heating/cooling plants with multi-heat source equipments using simulation,Proceedings of the 10th International Building Performance Simulation Association Conference, Building Simulation 2007 (BS2007), Beijing, China, pp. 529-536, 2007.9

[88] H.B. Rijal, P. Tuohy, M.A. Humphreys, J.F. Nicol, A. Samuel, J. Clarke, Using results from field surveys to predict the effect of open windows on thermal comfort and energy use in buildings, Energy and Buildings vol.39, pp.823–836, 2007

[87] 宮田征門,吉田治典,浅田昌彦,岩田卓郎,田邊陽一,柳澤忠宏:実ESCOプロジェクトにおけるベースライン簡易補正手法の比較検討,空気調和・衛生工学会論文集,No.119,pp.7-16,2007.2

[86] Z. Liu, L. Lu, H. Yoshida: The Well-Group Distribution of Groundwater Source Heat Pump System Optimized Research, International Conference of Enhanced Building Operation, Shenzhen, Vol.8-10-1, 2006.11

[85] Z. Liu, L. Lu, H. Yoshida: Optimal Well-Group Distribution of a Groundwater Source Heat Pump System, International Conference of Enhanced Building Operation, Shenzhen, Vol.8-10-1, 2006.11

[84] H. Shingu, R. Nakajima, H. Yoshida, F. Wang: Retro-Commissioning and Improvement for District Heating and Cooling System Using Simulation, International Conference of Enhanced Building Operation, Shenzhen, Vol.6-6-6, 2006.11

[83] M. Miyata, H.Yoshida, M. Asada, T. Iwata, Y. Tanabe, T. Yanagisawa: Estimation of Energy Baseline by Simulation for On-going Commissioning and Energy Saving Retrofit, International Conference of Enhanced Building Operation, Shenzhen, Vol.6-6-2, 2006.11

[82] H. Yamaguchi, M. Miyata, H. Oda, M. Shioya, T. Watanabe, H. Niwa, H. Yoshida: Experimental Study of a Cooling Coil and the Validation of its Simulation Model for the Purpose of Commissioning, International Conference of Enhanced Building Operation, Shenzhen, Vol.6-2-4, 2006.11

[81] X. Jiang, Z. Liu, H. Yoshida, B. Tang: Pressure Differential Analysis of a Laboratory Animal Room, International Conference of Enhanced Building Operation, Shenzhen, Vol.4-12-3, 2006.1

[80] F. Wang, H. Yoshida, K. Matsumoto: Energy Consumption Estimation for Room Air-conditioners Using Room Temperature Simulation with One-Minute Intervals, International Conference of Enhanced Building Operation, Shenzhen, Vol.4-3-5, 2006.11

[79] 細淵勇人,吉田治典,上谷芳昭:日射量を用いたCIE一般標準天空の天空タイプ推定手法に関する研究,日本建築学会環境系論文集,No.609,pp.31-38,2006.11

[78] 花平愛,吉田治典:常緑広葉樹と落葉広葉樹の気孔コンダクタンスモデルに関する研究,日本建築学会環境系論文集,No.608,pp.105-111,2006.10

[77] 宮田征門,吉田治典,浅田昌彦,橋口士朗:コミッショニングのための複数VAVユニットの不具合検知・診断手法,空気調和・衛生工学会論文集,No.114,pp.1-9,2006.9

[76] Upadhyay, A. K, Yoshida, H., Rijal, H.B.: Climate Responsive Building Design in the Kathmandu Valley, Journal of Asian Architecture and Building Engineering Vol. 5 No. 1, pp. 169-176, 2006.5

[75] 花平愛,吉田治典,村上大輔,伊藤麻美子:間接法による葉面積密度推定法に関する研究,日本建築学会環境系論文集,No.603,pp.111-118,2006.5

[74] Anir Kumar Upadhyay, Harunori Yoshida, Hom Bahadur Rijal: Climate Response Building Design in the Kathmandu Valley,Journal of Asian Architecture and building engineering, Vol.5, No.1,pp.169-176,2006.5

[73] Rijal, H.B., Yoshida, H.: Winter Thermal Comfort of Residents in the Himalaya Region of Nepal, Proceeding of International Conference on Comfort and Energy Use in Buildings - Getting them Right (Windsor), Organized by the Network for Comfort and Energy Use in Buildings, Number of Pages: 15, 2006.4

[72] 佐藤愛,吉田治典,伊藤麻美子,村上大輔:温熱環境改善のための樹木の蒸散作用モデルに関する基礎的研究,日本建築学会環境系論文集,No.598,pp.71-77,2005.12

[71] 山口弘雅,吉田治典:シミュレーションを用いた水蓄熱式空調システムの最適運転法,空気調和・衛生工学会論文集, No.105,pp.1~11,2005.12

[70] R Nakajima, H Yoshida, N Umemiya, M Motohiro: Thermal Comfort Surveys for Different Street Configurations in Summer in Japan, Proceeding of the 22nd Conference on Passive and Low Energy Architecture (Beirut), pp. 727-732, 2005.11.

[69] M Majima, H Yoshida, N Umemiya, R Nakajima:Investigation and Evaluation of the Thermal Environment of Traditional Alleys in Kyoto during Summer and Winter, Proceeding of the 22nd Conference on Passive and Low Energy Architecture (Beirut), pp. 649-654, 2005.11.

[68] HB Rijal, H Yoshida, N Umemiya: Passive Cooling Effects of Traditional Vernacular Houses in the Sub-tropical Region of Nepal, Proceeding of the 22nd Conference on Passive and Low Energy Architecture (Beirut), pp. 173-178, 2005.11.

[67] Jean-Christophe VISIER, Harunori YOSHIDA, Commissioning Tools: a Way to Manage Growing Complexity of Energy Systems in Buildings, the 2005 World Sustainable Building Conference (SBO5 Tokyo), pp. 1-6, 2005

[66] Fulin Wang, Harunori Yoshida, Hiroaki Kitagawa, Keiji Matsumoto, Kyoko Goto, Model-based Commissioning for Filters of Room Air-conditioner, International Journal of Energy and Buildings, Vol. 37/12 pp 1225-1233.

[65] H.B. Rijal, H. Yoshida, T. Miyazaki, I. Uchiyama: Indoor Air Pollution from Firewood Combustion in Traditional Houses of Nepal, Proceedings of the 10th International Conference on Indoor Air Quality and Climate (Indoor Air 2005), Beijing, China, pp. 3625-3629, Sep. 2005.

[64] Fulin Wang, Harunori Yoshida, and Kyoko Goto, Model-based Commissioning method For Fix-plate Energy Recovery Unit in building ventilation systems, Proceedings of the 10th International Conference on Indoor Air Quality and Climate (Indoor Air 2005), Beijing, China, pp. 1132-1137, Sep. 2005.

[63] Fulin Wang, Harunori Yoshida, Satoshi Masuhara, Hiroaki Kitagawa, and Kyoko Goto, Simulation-Based Automated Commissioning Method for Air-Conditioning Systems and Its Application Case Study, Proceedings of the 9th International Building Performance Simulation Association Conference, Building Simulation 2005 (BS2005), Montreal, Canada, pp. 1307-1314, Aug. 2005.

[62] H.B. Rijal, H. Yoshida: Winter Thermal Improvement of a Traditional House in Nepal, Proceedings of the 9th International Building Performance Simulation Association Conference, Building Simulation 2005 (BS2005), Montreal, Canada, pp. 1035-1042, Aug. 2005.

[61] Masato Miyata, Harunori Yoshida, Masahiko Asada, Kenta Fujii, and Shiro Hashiguchi, Estimation of Excessive HVAC Energy Consumption due to Faulty VAV Units, Proceedings of the 9th International Building Performance Simulation Association Conference, Building Simulation 2005 (BS2005), Montreal, Canada, pp. 777-784, Aug. 2005.

[60] Sei Ito, Harunori Yoshida, Noriko Aotake, Kazuya Takahashi, Measurement of the Thermal Environment in Urban Canyons and Prediction by CFD Simulation, Proceeding of the 9th International Building Performance Simulation Association Conference, Building Simulation 2005 (BS2005), Montreal, Canada, pp. 475-482, Aug. 2005.

[59] Hayato Hosobuchi, Harunori Yoshida, and Yoshiaki Uetani, Calculation of the Heating and Cooling Load of Buildings Using a Sky Radiance Distribution Model, Building Simulation, Proceedings of the 9th International Building Performance Simulation Association Conference, Building Simulation 2005 (BS2005), Montreal, Canada, pp. 427-434, Aug. 2005.

[58] 佐藤愛,吉田治典,伊藤麻美子,村上大輔: 集合住宅の住棟間における樹木の気候緩和効果に関する研究,日本建築学会環境系論文報告集,No.587,pp.79-85, 2005.1

[57] M. Miyata, H. Yoshida, M. Asada, F. Wang, S. Hashiguchi : Fault Detection And Diagnosis Method For VAV Terminal Units, International Conference for Enhanced Building Operation, Paris, 2004.10

[56] F. Wang, H. Yoshida, H. Kitagawa, K. Matsumoto, K. Goto : Model-based Commissioning For Filters In Room Air-conditioners, International Conference for Enhanced Building Operation, Paris, 2004.10

[55] H. Yoshida, H. Vaezi-Nejad, D. Choiniere, F. Wang : Requirements For Commissioning HVAC Systems Using BEMS And Commissioning The BEMS Itself Based On Questionnaire Surveys, International Conference for Enhanced Building Operation, Paris, 2004.10

[54] 細淵勇人, 吉田治典, 上谷芳昭: 天空放射輝度分布へのCIE標準一般天空の流用と天空タイプの集約, 日本建築学会環境系論文集, No.583, pp.29-36, 2004.9

[53] Kazuya Takahashi, Harunori Yoshida, Yuzo Tanaka, Noriko Aotake, Fulin Wang: Measurement of thermal environment in Kyoto City and its prediction by CFD Simulation, Energy and Buildings No.36, pp.771-779, 2004

[52] Keichi Suzuki, Kazunori Harada, Takeyoshi Tanaka and Harunori Yoshida: AN APPLICATION OF A MULTI-LAYER ZONE MODEL TO A TUNNEL FIRE, 6th Asia-Oceania Symposium on Fire Science and Technology, pp.639-649, Mar. 2004

[51] 鈴木圭一,田中哮義,原田和典,吉田治典:火災空間における垂直温度分布の予測モデル多層ゾーン煙流動予測モデルの開発その1,日本建築学会環境系論文集,No.582,pp.1-7,2004.8

[50] 梅宮典子,吉田治典: 中間期を中心とする窓開放面積率と室内外気候との関わりに関する研究,空気調和・衛生工学会論文集, No.92,pp.19~28,2004.

[49] Fulin Wang, Horunori Yoshida, and Masato Miyata, Total Energy Consumption Model of Fan Subsystem Suitable for Continuous Commissioning, ASHRAE Transactions, Vol. 110, 2004, pp. 357-364.

[48] 佐藤愛,吉田治典:集合住宅周辺の樹木が屋外の温熱環境に与える影響に関する研究,日本建築学会計画系論文集,No.572,pp.1-7,2003.10

[47] Fulin Wang, Harunori Yoshida, Ippei Matsuoka, Makoto Tsubaki, and Kanako Itou, Experiment Study On Continuous Commissioning a Real VAV System, Proceedings of the 4th International Symposium on Heating, Ventilating and Air Conditioning (ISHVAC2003), Beijing, China, 2003, Vol. II, pp. 959-966.

[46] Fulin Wang, Harunori Yoshida: A Continuous Commissioning Tool Based on Simulation and Operation Records, Building Simulation, 8th International Conference, pp.1347-53, Aug. 2003

[45] Kazuya Takahashi, Harunori Yoshida, Yuzo Tanaka, Noriko Aotake, Fulin Wang: Heat Flux Measurement of Urban Boundary Layers in Kyoto City and its Prediction by CFD Simulation, Building Simulation, 8th International Conference, pp.1265-72, Aug. 2003

[44] 井口悠哉,吉田治典,松岡一平,濱田和康:熱源と搬送システムをもつ空調システムの総合最適運転法に関する研究, 空気調和・衛生工学会論文集, No.90,pp.103~112,2003

[43] 鈴木圭一,吉田治典:火災リスク評価のための確率論的な延焼拡大モデルを用いた火災シミュレーション,日本建築学会計画系論文集,第567号,pp.15-19,2003.5

[42] H.B.リジャル,吉田治典,梅宮典子:住宅におけるネパール人の夏と冬の温熱感覚,日本建築学会計画系論文集,第565号,pp.17-24,2003.3.

[41] H B Rijal, H Yoshida : Comparison of Summer and Winter Thermal Environment in Traditional Vernacular Houses in Several Areas of Nepal, Advances in Building Technology 2002, Vol. 2, pp.1359-1366, 2002

[40] H Yoshida, T Kono : Analysis of Natural Ventilation Effect for an Office Building Considering Moisture Absorption by Materials, Advances in Building Technology 2002, Vol.2, pp.1199-1206, 2002.

[39] Fulin Wang, Yi Jiang, H Yoshida, Building HVAC Systems Economic Performance Evaluation Using Neural Network Method at Beginning of Design, Advances in Building Technology 2002, Vol.2, pp.1265-1272, 2002.

[38] H Yoshida, Y Iguchi, I Matsuoka, F Wang : Total Optimal Operation Scheme for HVAC systems with heat source and distribution system, Advances in Building Technology 2002, Vol.2, pp.1297-1304, 2002.

[37] HB Rijal, H Yoshida, N Umemiya: Investigation of the Thermal Comfort in Nepal, Proceeding of International Symposium on Building Research and the Sustainability of the Built Environment in the Tropics (Indonesia), pp.243-263, Oct. 2002

[36] HBリジャル, 吉田治典, 梅宮典子:ネパール各地の伝統的住宅における夏季の温熱環境, 日本建築学会計画系論文集, 第557号, pp.41-48, 2002年7月

[35] HB Rijal, H Yoshida: Investigation and Evaluation of Firewood Consumption in Traditional Houses in Nepal, Proceeding of the 9th International Conference on Indoor Air Quality and Climate (Monterey), Vol.4, pp.1000-1005, Jun 2002

[34] 鈴木玉美, 梅宮典子,吉田治典:夏季から秋季にかけての窓開閉行為の要因に関する研究, 日本建築学会計画系論文集, 第556号, pp.91-98, 2002年6月

[33] 林茂広,吉田治典,鈴木正美,他:空調制御用室内温度センサの時定数に関する研究,空気調和・衛生工学会論文集,84号, pp.31-41, 2002年1月

[32] Harunori Yoshida, Hiromasa Yamaguchi: Optimal Operation of a HVAC System with a Thermal Storage Water Tank, Building Simulation, 7th International Conference, pp.1249-56, Aug. 2001

[31] HBリジャル, 吉田治典, 梅宮典子:ネパール山岳地帯の伝統的住宅における冬季の温熱環境調査, 日本建築学会計画系論文集, 第546号, pp.37-44, 2001年8月

[30] 梅宮典子, 吉田治典, 小林恒夫: 冷房利用時間長さの要因に関する研究--京都における大学生の冷房利用行動について, 日本建築学会計画系論文集, 第543号, pp.101-108, 2001年5月

[29] Harunori Yoshida, Sanjay Kumar and Yasunori Morita: On Line Fault Detection and Diagnosis in VAV Air Handling Unit By RARX Modeling,Energy and Buildings (Special Issue), Energy and Buildings, Elsevier, pp. 391 - 401, Vol. 33, 2001

[28] Yoshida, H., Kumar, S.: Development of ARX Model Based Off-line FDD Technique for Energy Efficient Buildings, Renewable Energy, Pergamon Press, Vol. 22, pp.53~59, 2001

[27] 吉田治典,サンジャイクマール: モデルを用いた空調システムのオンライン故障・診断手法の開発;実データを用いた解析,日本建築学会計画系論文集,No.525,pp.65~73, 1999.11

[26] 吉田治典,石井和尋,吉田章彦: 土地情報を用いた地域気温データの統一的モデル化,日本建築学会計画系論文集,No.525, pp.29~36, 1999.10

[25] Goto, Y., Yoshida, H.: Development of Optimal Operation of Thermal Storage Tank and the Validation by Simulation, IBPSA Building simulation '99, pp.513~516,1999

[24] Yoshida, H. and Kumar, S.: RARX Algorithm Based Model Development and Application to Real Time Data for On-line Fault Detection in VAV AHU Units, IBPSA Building Simulation '99, pp.161~168,1999

[23] 吉田治典,後藤 祥仁: 蓄熱空調システムのための実データを用いた熱負荷予測アルゴリズムの検証,空気調和・衛生工学会論文集,No.73,pp.95~104,1999

[22] 吉田治典他: 被害とオーナーの安全感,阪神・淡路大震災調査報告,Vol.7,建築設備・建築環境編,日本建築学会,pp.195~207,1999

[21] 吉田治典: 設備被害の影響と教訓,阪神・淡路大震災調査報告,Vol.7,建築設備・建築環境編,日本建築学会,pp.28~37,1999

[20] Yoshida, H., Kumar, S.: ARX and AFMM Model Based On-line Real-time Data Base Diagnosis of Sudden Fault in AHU of VAV system, Energy Conversion and Management, Vol.40, pp.1191~1206, 1999, Pergamon Press,1999

[19] Kumar,S., Yoshida,H.: Application and Analysis of FDD Technique using Recursive Identification Algorithm by adoptive Forgetting Through Multiple Models in Real Data Obtained from AHU VAV System, Proceedings, International Conference on Energy Research and Development (ICERD), Conference Proceedings, pp. 530~539, Vol.1 November 1998

[18] Yoshida, H. and Inooka, T. :Rational Operation of a Thermal Storage Tank with Load Prediction Scheme by ARX Model Approach, IBPSA, pp. 79 ~ 86,1997.9

[17] 吉田治典,他:蓄熱槽の合理的運転のための冷暖房負荷予測,日本建築学会計画系論文集,No.495,pp.77~83,1997.5

[16] 吉田治典,他:熱回収設備を有する地下鉄道における環境実測とシミュレーション,空気調和・衛生工学会論文集 No.64,pp.39~49,1997.1

[15] Yuzawa,, H., Suzuki, M., Takei, H. and Yoshida, H. :The FTA System for Application to HVAC Systems,IEA Annex 25 Technical Reports, pp.129~144, 1996.11

[14] Yoshida, H. :Typical Faults in HVAC Syatems: 3.3 AirHandling Units,IEA Annex 25 Building Optimization and Fault Diagnosis Source Book, pp.74~93,1996

[13] 吉田治典,地:下鉄道における冬期熱回収と夏期温度予測,空気調和・衛生工学会論文集No.61,pp. 13 ~23,1996.4

[12] Yoshida, H. , et. al.:Typical Faults of Air Conditioning Systems and Fault Detection by ARX Model and Extended Kalman Filter, ASHRAE Transactions, Vol.102 Part 1, pp.557 ~ 564, 1996.2

[11] Yoshida, H., Iwami,T. and Kimura, K. :Real Time Fault Detection of HVAC Systems by a State Space Model, Proceedings of The 2nd International Symposium on Heating, Ventilation and Air-Conditioning, Vol.2, pp.533~538, 1995.9

[10] Yoshida, H. and Yamamoto, I. :Vertical Temperature and Humidity Profiles in Osaka City and It's Effect on Air-Conditioning Load, Proceedings of Klimaanalyse fuer die Stadtplanung, pp.99~104,1995.4

[9] 吉田治典,寺井俊夫:気象データの時系列モデルと確率的熱負荷に関する研究,日本建築学会計画系論文集,463号,p.11~19,1994.9

[8] Yoshida, H. and Terai, T. and Sueyoshi, H. :Transient Analysis of Air-Conditioning Load and Room Conditions Considering Simultaneous Heat and Moisture Transport of Multi-Layered Constructions ,Building and Environment, Special Issue 29.3,pp.337 ~ 343,1994

[7] Yoshida, H. and Terai, T.:Modeling of Weather Data by Time Series Analysis for Air-Conditioning Load Calculations,ASHRAE Transactions,Vol.98 Pt. I,pp.328~345,1992

[6] 吉田治典,寺井俊夫,末吉弘明:多層壁の熱・水分同時移動における三角波応答の離散フーリエ変換による計算法,空気調和・衛生工学会論文集,No.46,pp.21~30,1991.6

[5] Yoshida, H. and Terai, T.:An ARMA Type Weather Model for Air-conditioning Heating and Cooling Load Calculation ,Energy and Building,1990 / 91,15/16,pp.625~634,1991

[4] 吉田治典,寺井俊夫:熱負荷計算用気象データのモデル化:気温の日周期成分についての検討,日本建築学会計画系論文集,No.391,pp.39~49,1988.9

[3] 松下敬幸,寺井俊夫,吉田治典:熱伝達および換気が周期的に変化する場合の間欠空調問題の離散フーリエ変換による解法について,日本建築学会環境工学論文集,No.4,pp.119~124,184, 1982.11

[2] 吉田治典,寺井俊夫,松下敬幸:壁・室の熱応答の離散フーリエ変換による計算法,日本建築学会環境工学論文集,No.4,pp.113~118,183,1982.11

[1] Maeda, T., Terai. T., Yoshida, H. and Sugiura, S. :Measurement of Specific Weight and Optical Density of Smoke,Occasional Report of Japanese Association of Fire Science and Engineering,Main Reports on Production, Movement and Control of Smoke in Buildings ,No.1,pp. 93~99,1974

BACK


B. Conference Paper

[1] Yoshida, H., Tamura, G.T. and Shaw, C.Y. :A FORTRAN IV Program to Calculate Smoke Concentration in Multi-Story Building, National Research Council of Canada,DBR Computer Program ,No. 45,pp.1~99,1979

[2] 吉田治典:室の吸放湿と室内温室度変動,建築学会環境工学委員会熱シンポジウム,No.21,pp.65~74,1991.8

[3] 吉田治典:気象データの確率モデルと確率的熱負荷,建築学会環境工学委員会熱シンポジウム,No.22,pp.53~60,1992.8

[4] Yoshida,H., Terai, T. and Sueyoshi, H.:Transient Analysis of Air-Conditioning Load and Room Conditions Considering Simultaneous Heat and Moisture Transport of Multi-Layered Constructions,Proceedings of Indoor Air '93,Vol.6,pp.253~258,1993.7

[5] 吉田治典:24時間都市の省エネルギー:都市の気温・湿度の鉛直分布と空調熱負荷,空気調和・衛生工学会近畿支部創立30周年記念シンポジウム,pp.21~33,1994.12

[6] 吉田治典:環境工学の立場から見た大震災:大震災と建築設備,日本建築学会環境工学委員会研究協議会資料,pp.7~14,1995.8

[7] Yoshida, H., et. al:Joint Evaluation on Fault Detection and Diagnosis of a VAV Air Handling Unit ,IEA Annex 25 Joint Evaluation Reports of Oxford University meeting ,pp.11~21,1995.9

[8] 吉田治典,他:9.BOFD手法の具体的研究事例(2),ビル管理システム及び最適化と検知・診断システム,(財)住宅・建築・省エネルギー機構,pp.213~223,1996.1

[9] 吉田治典,他:9.2不具合の発見・診断(FDD)手法の方向性,ビル管理システム及び最適化と検知・診断システム,(財)住宅・建築・省エネルギー機構,pp.224~230,1996.1

[10] 吉田治典,他:9.3動的数学モデルを用いた不具合発見・診断の試み,ビル管理システム及び最適化と検知・診断システム,(財)住宅・建築・省エネルギー機構,pp.231~238,1996.1

[11] 湯沢,吉田他:9.4フォールトツリー(故障の木)を用いた故障の診断支援システムの試み,ビル管理システム及び最適化と検知・診断システム,(財)住宅・建築・省エネルギー機構,pp.239~247,1996.1

[12] 吉田治典:空気調和設備の最適化:2.3.3 空調システムの故障検知・診断,空調設備環境・エネルギー最適化小委員会研究報告,pp.127~141,1996.3

[13] 吉田治典:空気調和設備の最適化:2.1.2 蓄熱槽の合理的運転のための熱負荷予測,空調設備環境・エネルギー最適化小委員会研究報告,pp.80~87,1996.3

[14] Yoshida, H., et. al:Joint Exercise #2 on Fault Detection and Diagnosis of a VAV Air Handling Unit ,IEA Annex 25 Joint Evaluation Reports of CSTB Paris meeting ,1996.5

[15] 吉田治典:気象データの確率モデルと環境設計,建築学会環境工学委員会熱シンポジウム,No.27,pp.49~58,1997.10

[16] T. Miyazaki, K.Kamimura, H.Yoshida, et. al.: Application of Fuzzy Abduction Fault Diagnosis and User Interaction at T-Hospital, IEA Annex 34 working paper at UK meeting, 1998.4

[17] HB リジャル,三宅理一,中村奏人,吉田治典:自然災害に対応できる街づくり 日本の木造密集市街地における住宅・都市改善への計画,日本建築学会第2回アジアの建築交流国際シンポジウム論文集,pp.197-200,1998.9.

[18] HB リジャル,中村奏人,吉田治典:環境共生建築のモデル化 ネパール山岳地帯の自然環境に調和した伝統的な民家に関する考察,日本建築学会第2回アジアの建築交流国際シンポジウム論文集,pp.381-384,1998.9.

[19] 吉田治典:負荷予測ベンチマークテストとその効果,空気調和・衛生工学会オープンフォーラム--蓄熱システムの最適化と負荷予測,空気調和・衛生工学会,pp.103~106,1998.12

[20] 後藤祥仁,吉田治典:蓄熱槽の最適運転とシミュレーションによる評価,空気調和衛生工学会近畿支部環境工学研究会,No.222,pp.29~39,2000.3

[21] 吉田治典: 空調システムの性能検証(Commissioning)における海外動向, 日本建築学会環境工学委員会,熱環境小委員会,第30回熱シンポジウム,pp.43-50,2000

[22] 吉田治典,河野哲也: 吸放湿材と空調熱負荷からみた省エネルギー, 日本建築学会環境工学委員会,熱環境小委員会,第31回熱シンポジウム,pp.43-50,2001

[23] HBリジャル,吉田治典,梅宮典子:ネパール各地の伝統的住宅と居住者の快適温度,ハウスクリマ研究ノート,第28号,pp.11-20,2002年6月

[24] M.Miyata, F.Wang, H.Yoshida, M.Tubaki, K.Kanako : Experimental Study on Model-based Commissioning Method of VAV Systems in a Real Building, International Conference for Enhanced Building Operations, 2003.10.

[25] SR Tiwari,S Hanaoka, HB Rijal,S Hata, H Yoshida: Culture in Development Conservation of Vernacular Architecture, An Annual Journal of Architecture (Association of Students of Architecture, Nepal), Vaastu, Vol. 6, pp.21-25,2004.8.

[26] HBリジャル,吉田治典,梅宮典子:ネパール(亜熱帯地域)の伝統的住宅,日本建築学会シンポジウム「温暖・蒸暑気候のパッシブクーリング」,pp.89-100,2004.11.

[27] 鈴木圭一,原田和典,吉田治典:周辺可燃物への延焼判定計算法の提案,IBPSA-Japan講演論文集(2005), pp.57-62,2005,1

[28] 王福林,吉田治典,増原哲士,北川博章,後藤今日子:シミュレーションに基づくエアコンディショナーの自動的性能検証,IBPSA-Japan講演論文集(2005), pp.135-139,2005,1

[29] 細淵勇人,吉田治典,上谷芳昭:天空放射輝度分布を考慮した日射量モデルに関する研究, IBPSA-Japan講演論文集(2005), pp.287-290,2005,1

[30] 佐藤愛,吉田治典,福本歩:3樹種の樹木の蒸散作用モデルに関する研究, IBPSA-Japan講演論文集(2005), pp.83-86,2005,1

[31] M. Masato, H. Yoshida, T. Yasuoka, T. Takegawa, Y. Nagura, Y. Kobayashi, J. Kim: Development of a Simulation Tool for the Commissioning of a HVAC system with Seasonal Thermal Storage, National conference on Building Commissioning, Chicago, 2007.5

BACK


C. Research Report

[1] 吉田治典:貸事務所ビルの空調衛生設備設計,ひろば Vol.4,大阪府建築士会,pp.27~30,1976

[2] 吉田治典:カナダの外壁構造,GBRC Vol.4, No.2,日本建築総合試験所,pp.25~28,1979

[3] 吉田治典:北米の建築技術コンサルタント,Vol.4, No.3,日本建築総合試験所,pp.19~22,1979

[4] 吉田治典:滋賀県立図書館における空気調和設備,建築設備と配管工事,Vo.18,No.9,pp.82~89,1980

[5] 吉田治典:建築の壁体およびびその他の部位の伝熱解析に関する文献抄録,空気調和・衛生工学会近畿支部-環境工学研究会No.104,pp.13~22,1986

[6] 吉田治典:地下鉄内の室温解析及び熱負荷計算法,空気調和・衛生工学会近畿支部-環境工学研究会No.120,pp.1~7,1986

[7] 吉田治典:札幌地下鉄道の冬期熱回収および夏期内部温度予測,空気調和・衛生工学会近畿支部-環境工学研究会No.120, pp.8~16,1986

[8] WG Broun著,吉田治典訳:高速鉄道のトンネル換気の基礎論理,空気調和・衛生工学会近畿支部-環境工学研究会No.120, pp.29~32,1986

[9] 寺井俊夫,吉田治典,原田和典:防災上から見た地下街の群衆流動と気流の実態調査,GBRC,pp.10~18,1991.1

[10] 吉田治典:都市環境と建築設備,建築雑誌,Vol.08,No.1340,pp.36~37,日本建築学会,1993.3

[11] 吉田治典:環境エンジニアリングの行方,建築雑誌,Vol.09,No.1358,pp.10~11,日本建築学会,1994.6

[12] 吉田治典:ナイロビの2ヶ月,GBRC 80,pp.63~67,1995.10

[13] Yoshida, H.:Identifying Faults in HVAC Systems: Innovative Approach to FDD,CIBSEA: Building Service Engineering Research Technology, No.17,pp.B16~17,1996

[14] Yoshida, H.:Real Time Simulation of HVAC-Systems for Building Optimization, Fault Detection and Diagnosis, 5.4: ARMAX Model Approach,IEA Annex 25 Report,Volume. I Source Book,pp.145~151,1996.8(分担執筆)

[15] 吉田治典:地球環境保全への取り組みのあり方,建築と社会,pp.32~34,1998.6

[16] 吉田治典:建築設備システムと地球温暖化,建築設備&昇降機,No.14,pp.24~28,1998.7

[17] 吉田治典:気象情報とビル管理,空気調和・衛生工学,Vol.73,No.7,pp.33~38,空気調和・衛生工学会,1999.7

[18] 吉田治典:蓄熱における熱負荷予測の役割と背景,空気調和・衛生工学,Vol.73,No.9,pp.7~10,空気調和・衛生工学会,1999.9

[19] 吉田治典:ライフサイクルCO2と省エネルギー,電気設備学会梗概集,Vol.17,電気設備学会,pp.327~328,1999.9

[20] 吉田治典:国際会議Building Simulation ‘99の概要報告とシミュレーションの動向,建築学会環境工学委員会熱シンポジウム,No.29,pp.89~94,1999.11

[21] 吉田治典:建築設備被害の影響と安全観,日本建築学会近畿支部,pp.84~96,2000.1

[22] 吉田治典:国際会議Building Simulation ‘99(Kyoto)の概要と今後のシミュレーションの展望,建築設備&昇降機,No.24,pp.23~31,2000.3

[23] 吉田治典:国際会議Building Simulation ‘99(京都)の概要と今後のシミュレーションの展望,空気調和衛生工学会近畿支部環境工学研究会,No.222,pp.1~8,2000.3

[24] 吉田治典:蓄熱システムに望まれること,ヒートポンプとその応用,No.51,pp.1,2000.3

[25] フィリップ ヘイブス, (吉田治典訳): HVAC制御システムのコミッショニングのための基本ツールの開発とテスト, 空気調和・衛生工学, 第75巻, 第3号, pp.245-252, 2001

[26] C.J.Parsloe, (井口悠哉・吉田治典訳): ヨーロッパにおけるコミッショニング方法, 空気調和・衛生工学会学会誌, 第75巻, 第6号, pp.52~60, 2001

[27] 吉田治典:都市環境における緑化の意義,エネルギー・資源,Vol.23,No.2,pp.29-33,2003

[28] 吉田治典:ビルエネルギー管理システム(BEMS)の動向,建築設備と配管工事,Vo.41,No.9,pp.40~45,2003

[29] 吉田治典:屋上緑化の現状と展望,建築設備と配管工事,Vol.41, No.12, pp.1~3, 2003

[30] 吉田治典:BEMSを利用した性能検証ツール,IBEC No.150, pp.28~37, 2005.9

[31] 吉田治典:設備技術者の今後のあり方と教育,建築雑誌 vol. 121, No.1545, pp.40~41,2006.3

[32] 吉田治典:BEMSと最適運転制御システム考,日立プラントテクノロジー技術広告誌,No.13,2007.2

[33] 吉田治典:コミッショニングの発展に向けて,IBEC No.154, pp.2~3, 2006.5

[34] 吉田治典:BEMSと最適運転制御システム考,日立プラントテクノロジー技術広告誌,No.13,2007.2

[35] 吉田治典:建築設備のコミッショニング(性能検証),エネルギー・資源,Vol.28,No.6,pp.19-23,2007.11

[36] 吉田治典:運用における省エネルギーに向けて,IBEC, No.163,pp.2-5,2007.11

[37] 吉田治典:Annex47 京都会議報告書,IBEC, No.165,pp.58-63,2008.3

[38] 吉田治典:京都大学環境賦課金制度の概要,建築とエネルギー,vol.38,pp.2-4,2008

BACK


D. Presented Paper

[1] 前田敏男、寺井俊夫、吉田治典、杉浦修史:煙の比重と濃度の測定,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.49~50,1970

[2] 吉田ほか:模型実験による排煙口よりの排煙効率測定,日本建築学会大会学術講演梗概集,No.S46,pp.83~84,1971

[3] 吉田ほか:火災実験に対する建物の安全計画法に関する研究(その3 用途の違う2種の建物の安全性を比較するケーススタディー),日本建築学会大会学術講演梗概集,No.S47,pp.315~316,1972

[4] 吉田:建物全体を考慮した避難時間のシミュレーション,日本建築学会大会学術講演梗概集,No.S48,pp.621~622,1973

[5] 吉田:建築防災システムの保全について,日本建築学会大会学術講演梗概集,No.S50,pp.419~420,1975

[6] 吉田:断熱された外壁に接する柱・梁などの貫流熱について,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.S55,pp.25~28,1980.6

[7] 吉田ほか:内断熱外壁における柱・梁などによる熱橋について(その1),日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿),No.S55,pp.519~520,1980

[8] 杉山,吉田ほか:内断熱外壁における柱・梁などによる熱橋について(その2),日本建築学会大会学術講演梗概集(近畿),No.S55,pp.521~522,1980

[9] 吉田治典:地下鉄内の温度・熱負荷予測のためのシミュレーション,空気調和衛星工学会学術論文集,pp.317~320,1980

[10] 吉田:内断熱外壁における柱・梁などによる熱橋について(その3),日本建築学会大会学術講演梗概集(九州),No.S56,pp.703~704,1981

[11] 吉田ほか:大阪府下に建つ市立体育館の熱環境調査(非空調空間の環境調査),日本建築学会近畿支部研究報告集,No.S56,pp.81~84,1981

[12] 吉田ほか:体育館の熱環境調査(その2)(冷暖房設備を持つ場合),日本建築学会近畿支部研究報告集,No.S57,pp.77~80,1982

[13] 吉田治典、寺井俊夫:暖房の重み関数を求める方法について,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.703~704,1982

[14] 吉田ほか:列車風の実測とモデル化による数値解の比較について,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.S58,pp.145~148,1983

[15] 末吉弘明、吉田治典、寺井俊夫:熱・水分同時移動を求めるアドミッタンス行列の利用について,日本建築学会近畿支部研究報告集,pp.113~116,1983

[16] 吉田治典、寺井俊夫:地下鉄の列車風の実測とモデル化による数値解の比較,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.467~468,1983

[17] 末吉弘明、吉田治典、寺井俊夫:アドミッタンス行列による熱・水分同時移動の解法,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.691~692,1983

[18] 吉田治典、伊丹清、寺井俊夫:地下鉄道における冬期熱回収および夏期温度予測(その1),空気調和衛星工学会学術論文集,pp.469~472,1983

[19] 吉田治典、伊丹清、寺井俊夫:地下鉄道における冬期熱回収および夏期温度予測(その2),空気調和衛星工学会学術論文集,pp.473~476,1983

[20] 吉田:可動たて形ブラインドを用いた昼光利用による省エネルギー,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.S59,pp.189~192,1984

[21] 末吉,吉田ほか:収蔵庫の温度・湿度の実測と解析結果の比較,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.S59,pp.125~128,1984

[22] 吉田治典、寺井俊夫:時系列モデルによる熱負荷計算用気象データの同定,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.797~798,1984

[23] 寺井俊夫、吉田治典、末吉弘明:収蔵庫の温度・湿度の実測と収蔵物の吸収応答の同定,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.967~968,1984

[24] 吉田治典、寺井俊夫:時系列モデルによる熱負荷計算用気象データの同定,日本建築学会近畿支部研究報告集,pp.29~32,1985

[25] 末吉,吉田ほか:収蔵物の熱湿気応答の同定と実測―収蔵庫の温湿度環境の実測および解析―,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.S60,pp.289~292,1985

[26] 吉田治典、寺井俊夫:時系列モデルによる熱負荷計算用気象データの同定,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.791~792,1985

[27] 寺井俊夫、吉田治典、末吉浩明:収蔵物を考慮した庫内温湿度の予測,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.873~874,1985

[28] 吉田治典,寺井俊夫:離散フーリエ変換による熱・水分同時移動の壁体応答解法,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,pp.381~384,1985

[29] 吉田治典,寺井俊夫:時系列モデルによる熱負荷計算用気象データの同定(日周期成分の除去方法についての考察),日本建築学会近畿支部研究報告集,pp.177~180,1986

[30] 吉田治典,寺井俊夫:時系列モデルによる熱負荷計算用気象データの同定(日周期成分の除去方法についての考察),日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.705~706,1986

[31] 吉田治典,寺井俊夫:時系列モデルによる熱負荷計算用気象データの同定(全天、直達、拡散日射のモデル化について),日本建築学会近畿支部研究報告集,pp.205~208,1987

[32] 今井,吉田ほか:パッシブソーラーハウスの解析と実測値との比較検討,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.S62,pp.221~224,1987

[33] 吉田治典,寺井俊夫:時系列モデルによる熱負荷計算用気象データの同定(日射のモデル化ついて),日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.791~792,1987

[34] 吉田治典,寺井俊夫:時系列理論による気象データのモデル化(データ特性を考慮したモデルの簡素化と確率的空調負荷の算法について),日本建築学会近畿支部研究報告集,pp.133~136,1988

[35] 吉田治典,寺井俊夫:時系列理論による気象データのモデル化(データの確率的特性と確率的空調負荷の算法について),日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.451~452,1988

[36] 吉田治典,寺井俊夫:離散フーリエ変換による確率的空調負荷の求め方,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,pp.497~500,1988

[37] 秋田,吉田ほか:防災上から見た地下街の群衆流動と気流の実態調査(その1,実測結果),日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H1,pp.17~20,1989

[38] 弥重,吉田ほか:防災上から見た地下街の群衆流動と気流の実態調査(その2,予測結果),日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H1,pp.21~24,1989

[39] 吉田治典,寺井俊夫,金田恭典:時系列理論による熱負荷計算用気象データのモデル化(気象データの地点間特性比較とモデル化の統一化),日本建築学会近畿支部研究報告集,pp.53~56,1989

[40] 吉田治典,寺井俊夫:時系列理論による熱負荷計算用気象データのモデル化(気象データの地点間特性比較とモデル化の統一化),日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.743~744,1989

[41] 吉田ほか:確率的熱負荷計算法を利用した最適熱源設計法,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H2,pp.113~116,1990

[42] 内田,吉田ほか:地下鉄の列車風の実測と解析(その1 実測結果),日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H2,pp.157~160,1990

[43] 那須,吉田ほか:地下鉄の列車風の実測と解析(その2 解析結果),日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H2,pp.153~156,1990

[44] 吉田治典:熱負荷計算用気象データのモデル化(気象要素の経年変化と予測について),日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.703~704,1990

[45] 吉田:空調負荷の確率分布に基づく熱源の最適設計法,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,No.H2,pp.665~668,1990

[46] 吉田治典,寺井俊夫:熱負荷計算用気象データのモデル化(モデル化および熱負荷の特性比較),日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.845~846,1991

[47] 山本一郎,吉田治典,栗木尚樹:熱負荷からみた大阪府下の気象データの特性,日本建築学会近畿支部研究報告集,pp.189~192,1992

[48] 山本一郎,吉田治典:熱負荷からみた大阪府下の気象データの特性,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.1357~1358,1992

[49] 吉田治典,片岡卓:蓄熱槽の合理的運転のための熱負荷予測,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.1617~1618,1992

[50] 吉田治典:蓄熱槽運転のための熱負荷予測,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,pp.69~72,1992

[51] 山本,吉田ほか:大阪市街地の気温・湿度の鉛直分布と空調熱負荷,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H5,pp.41~44,1993

[52] 吉田治典,山本一郎,落合伸彦:空調熱負荷からみた大阪府下の気象データの特性(その2),日本建築学会近畿支部研究報告集,pp.45~48,1993

[53] 山本一郎,吉田治典:大阪市街地の気温・湿度の鉛直分布と空調熱負荷,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.1545~1546,1993

[54] 吉田治典,山本一郎:空調熱負荷からみた大阪府下の気象データの特性(その2),日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.1547~1548,1993

[55] 吉田治典,山本一郎,落合伸彦:都市の気温・湿度の鉛直分布が空調熱負荷に与える影響,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,pp.301~304,1993

[56] 吉田治典,今吉義隆:アメダスデータによる近畿地方の気温特性の解析,日本建築学会近畿支部研究報告集,pp.189~192,1994

[57] 吉田治典,今吉義隆:アメダスデータによる近畿地方の気温特性の解析,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.707~708,1994

[58] 吉田治典,岩見龍弘:空調システムの動特性を用いた故障検知・診断,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,pp.1101~1104,1994

[59] 林,吉田ほか:VAV空調システムを用いた故障発生実験(その1)~冷水バルブ,給気ファンの故障~,日本建築学会関東支部研究報告集,No.H7,pp.97~100,1995

[60] 吉田:状態空間モデルによる空調システムの実時間故障検知,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,No.H7,pp.437~440,1995

[61] 林,吉田ほか:空調制御用温度センサの時定数の実測,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,No.H7,pp.281~284,1995

[62] 吉田治典:建築設備と地震時の安全について(阪神・淡路大震災の経験に基づく安全観のアンケート調査),日本建築学会近畿支部研究報告集,pp.145~148,1996

[63] 吉田治典:阪神・淡路大震災の経験に基づく建築設備へのニーズ(建築設備の安全観に関するアンケート調査),日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp. 961~962,1996

[64] 吉田治典,都築剛:空調システムの不具合がエネルギー消費に与える影響,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,pp.161~164,1997

[65] 森田,吉田ほか:居住者の窓開閉による通風利用に関する研究(その1)-高層集合住宅の調査・研究-,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H10,pp.65~68,1998

[66] 榎本,吉田ほか:居住者の窓開閉による通風利用に関する研究(その2)-自然換気口を持つオフィスビルの調査・研究-,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H10,pp.69~72,1998

[67] 濱田烈,吉田治典:建築物のリニューアル時に発生する環境負荷の定量化に関する研究-業務ビルにおける廃棄物量とCO2排出量-,日本建築学会近畿支部研究報告集,pp.81~84,1998

[68] 吉田治典,石井和尋,吉田章彦:建築・都市の熱環境設計のための土地情報を用いた気温データのモデル化 (その1)確立成分のモデル化,日本建築学会近畿支部研究報告集,pp.305~308,1998

[69] 吉田章彦,吉田治典,石井和尋:建築・都市の熱環境設計のための土地情報を用いた気温データのモデル化 (その2)確立成分のモデル化,日本建築学会近畿支部研究報告集,pp.309~312,1998

[70] 森田安紀,吉田治典,榎本丈二:居住者の窓開閉による通風利用に関する研究(その1)―高層集合住宅の調査・研究―,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-1,pp. 1015-1016,1998

[71] 榎本丈二,吉田治典,森田安紀:居住者の窓開閉による通風利用に関する研究(その2)―自然換気口を持つオフィスビルの調査・研究―,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-1,pp. 1017-1018,1998

[72] 石井和尋,吉田治典,吉田章彦:建築・都市の熱環境設計のための土地情報を用いた気温データのモデル化(その1)確定成分のモデル化,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp. 101-102,1998

[73] 吉田治典,石井和尋,吉田章彦:建築・都市の熱環境設計のための土地情報を用いた気温データのモデル化(その2)確率成分のモデル化,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp. 103-104,1998

[74] 後藤祥仁,吉田治典:蓄熱空調システムの最適運転のための熱負荷予測,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,pp.177~180,1998

[75] 濱田烈,吉田:建築物のリニューアル時に発生する廃棄物とCO2の定量化,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,No.H10,pp1617~1620,1998

[76] H.B.リジャル,吉田ほか:環境形態デザインの手法-ネパールの温暖地域における伝統的な集落の温熱環境,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H11,pp.25~28,1999

[77] 今村,吉田ほか:大学施設のエネルギー消費に関する調査と分析,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H11,pp.133~136,1999

[78] 山口,吉田ほか:蓄熱空調システムのシミュレーションによる最適運転法の検証,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H11,pp.157~160,1999

[79] H.B.リジャル,吉田治典,梅宮典子:ネパールの伝統的住居の「環境形態」の分析と提案,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-1,pp. 1081~1082,1999

[80] 山口弘雅,吉田治典,後藤祥仁:蓄熱空調システムのシミュレーションによる最適運転法の検証(第一報)シミュレーションモデルの構成,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp. 987~988,1999

[81] 吉田治典,後藤祥仁,山口弘雅:蓄熱空調システムのシミュレーションによる最適運転法の検証(第二報)最適化の手法と結果,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp. 989~990,1999

[82] 後藤祥仁,吉田治典,山口弘雅:蓄熱空調システムの最適運転法,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,pp989~992,1999

[83] 林茂広,吉田治典,松本博,岡田勝行,鈴木正美:空調制御用室内温度センサの時定数の分析-指数関数モデルを用いた時定数の算出,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,pp.1297~1300,1999

[84] 吉原宏平,吉田治典:土壁のライフサイクルCO2排出量の試算,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H12,pp.13~16,2000

[85] 井口,吉田ほか:中間天空の輝度分布モデルの検証,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H12,pp.93~96,2000

[86] 菊地,吉田ほか:建物の形態が都市キャニオンの熱環境に及ぼす影響,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H12,pp.137~140,2000

[87] 高橋,吉田:室の温湿変動を考慮した壁面の吸放湿材の選定と検証,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H12,pp.173~176,2000

[88] 鈴木,吉田ほか:夏から秋にかけての窓開閉行為の要因に関する申告調査の分析,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H12,pp.325~328,2000

[89] 小林,梅宮,吉田:大学生の冷房利用と居住温熱環境に関するフィールド調査,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H12,pp.361~364,2000

[90] H.B.リジャル,吉田ほか:ネパールの伝統的住宅における冬季の温熱環境の調査と評価,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H12,pp.365~368,2000

[91] 木村,吉田ほか:ネパールの伝統的住宅の温熱環境をシミュレーションにより改善する提案,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H12,pp.369~372,2000

[92] 鈴木圭一,吉田治典:可燃物密度と開口面積を確率変数で与えた火災性状予測,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H12,pp.397~400,2000

[93] 鈴木圭一,吉田治典:可燃物密度と開口面積を確率変数で与えた火災性状予測,日本建築学会大会学術講演梗概集,A-2,pp. 17-18,2000

[94] 井口悠哉,吉田治典,梅宮典子:中間天空の輝度分布モデルの検証,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-1,pp. 485-486,2000

[95] H.B.リジャル,吉田治典,梅宮典子:ネパールの伝統的住宅における冬季の温熱環境評価の地域差,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-1,pp. 901-902,2000

[96] 木村岳洋,吉田治典,H.B.リジャル:ネパール山岳地帯の伝統的住宅における温熱環境シミュレーション ─冬季の環境を改善する提案─,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-1,pp. 903-904,2000

[97] 小林恒夫,梅宮典子,吉田治典:大学生の冷房利用と居住温熱環境に関するフィールド調査,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-1,pp. 1001-1002,2000

[98] 菊池嘉之,吉田治典,佐藤裕司:建物の形態が都市キャニオンの熱環境に及ぼす影響,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp. 29-30,2000

[99] 高橋智浩,吉田治典:室の温湿変動を考慮した壁面の吸放湿材の選定と検証,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp. 311-312,2000

[100] 鈴木玉美,吉田治典,梅宮典子:夏から秋にかけての窓開放行為の要因に関する申告調査の分析,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp. 583-584,2000

[101] 山口弘雅,吉田治典:蓄熱空調システムの最適運転法,(第ニ報)実システムへの適用に向けての検討,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,pp.1349~1352,2000

[102] 佐藤愛,吉田治典ほか:集合住宅における樹木による気候緩和効果の実測調査-その1:気温の鉛直分布-,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H13,pp.225~228,2001

[103] 中村亮、吉田治典、梅宮典子、佐藤愛:集合住宅における樹木による気候緩和効果の実測調査-その2:渦相関法による顕熱輸送量の算出-,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H13,pp.229~232,2001

[104] 田中,菊池,吉田:都市キャニオン空間の熱環境改善を目的とした街区計画に関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H13,pp.257~260,2001

[105] H.B.リジャル,吉田治典,梅宮典子:ネパールの伝統的住宅における夏季の温熱環境の調査と評価, 日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H13,pp.277~280,2001

[106] 高橋智浩,吉田治典,藤木暁,河野哲也:自然換気を利用した室温制御法と熱負荷削減効果に関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,No.H13,pp.297~300,2001

[107] 松岡一平, 吉田治典, 村井大介:シミュレーションを用いた空調制御システムのコミッショニング,日本建築学会近畿支部研究報告集, No.H13, pp.333~336, 2001

[108] 山口弘雅, 吉田治典, 井口悠哉:熱負荷の予測誤差ならびに昼間運転を考慮した蓄熱空調システムの最適運転法,日本建築学会近畿支部研究報告集, No.H13, pp.353~356, 2001

[109] H.B.リジャル,吉田治典,梅宮典子:ネパールの伝統的住宅における夏季の温熱環境の地域差,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-1,pp.1061-1062,2001.9.

[110] 田中裕造,菊池嘉之,吉田治典:都市キャニオン空間の熱環境改善を目的とした街区計画に関する研究 その1 植栽が都市キャニオン空間の熱環境に与える影響,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp.273-274,2001.9.

[111] 菊池嘉之,田中裕造,吉田治典:都市キャニオン空間の熱環境改善を目的とした街区計画に関する研究 その2 建物の断面形状が都市キャニオン空間の熱環境に与える影響,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp.275-276,2001.9.

[112] 河野哲也,吉田治典,藤木暁,高橋智浩:自然換気を利用した室温制御法と熱負荷削減効果に関する研究 その1自然換気・蓄湿を考慮したシミュレーションツールの開発,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp. 491-492,2001.9.

[113] 高橋智浩,河野哲也,吉田治典,藤木暁:自然換気を利用した室温制御法と熱負荷削減効果に関する研究 その2 自然換気制御が空調負荷に与える影響,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp. 493-494,2001.9.

[114] 鈴木玉美,吉田治典,梅宮典子:観察調査に基づく窓開放率と外気温の関係,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp. 589-590,2001.9.

[115] 松岡一平,吉田治典,村井大介:シミュレーションを用いた空調制御システムのコミッショニング,日本建築学会大会学術講演梗概集,D2,pp.1041-1042,2001.9

[116] 佐藤愛,吉田治典,梅宮典子,中村亮:集合住宅における樹木による気候緩和効果の実測調査 その1 気温の鉛直分布,日本建築学会大会学術講演梗概集,F-1,pp. 719-720,2001.9.

[117] 中村亮,吉田治典,梅宮典子,佐藤愛:集合住宅における樹木による気候緩和効果の実測調査 その2 渦相関法による熱輸送量の算出,日本建築学会大会学術講演梗概集,F-1,pp. 721-722,2001.9.

[118] 松岡一平,吉田治典,廣岡正,中原信生:空気調和設備の当初性能検証(コミッショニング)の実践研究,(第七報)検証データとシミュレーションに基づくFDD の試み,空気調和・衛生工学会学術講演会論文集,pp.333-336,2001.9

[119] 山口弘雅,吉田治典,井口悠哉:蓄熱空調システムの最適運転法,(第ニ報)熱負荷の予測誤差ならびに昼間運転を考慮した最適運転法,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,pp.897~900,2001

[120] 井口悠哉,吉田治典:実測データを用いたポンプのモデル同定,空気調和・衛生工学会学術講演会論文集, pp.1665-1668,2001.9

[121] 青竹紀子,田中裕造,吉田治典:市街地の温熱環境改善のための環境実測と数値シミュレーション,日本建築学会近畿支部研究報告集,第42号,pp.1-4,2002.6.

[122] 安藤仁,吉田治典,上谷芳昭,新谷祐加:昼光照度の時系列解析による天空輝度分布の分類と推定に関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第42号,pp.13-16,2002.6.

[123] 井口悠哉,濱田和康,吉田治典,松岡一平:空調熱源と搬送システムの総合最適運転法に関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第42号,pp.17-20,2002.6.

[124] 河野哲也,高橋智浩,吉田治典,近本智行,濱田和康:オフィスビルにおける自然換気システムの制御法に関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第42号,pp.129-132,2002.6.

[125] 佐藤愛,吉田治典,上谷芳昭,竹田美奈子,堀田龍司:集合住宅周辺の樹木が室内外の温熱環境に与える影響に関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第42号,pp.145-148,2002.6.

[126] 田中裕造,吉田治典,中村亮:幾何形状の異なる市街地の熱輸送および熱環境の特性に関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第42号,pp.197-200,2002.6.

[127] H.B.リジャル,吉田治典,梅宮典子:ネパール人の夏季における快適温度とその地域差,日本建築学会近畿支部研究報告集,第42号,pp.381-384,2002.6.

[128] 安藤仁,吉田治典,上谷芳昭:昼光照度の時系列解析による天空輝度分布の分類と推定に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-1,pp. 341-342,2002.8.

[129] 田中裕造,吉田治典,中村亮:幾何形状の異なる市街地における熱輸送特性に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-1,pp. 693-694,2002.8.

[130] 青竹紀子,田中裕造,吉田治典:市街地の熱環境改善のための環境実測と数値シミュレーション,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-1,pp. 695-696,2002.8.

[131] 佐藤愛,吉田治典,上谷芳昭,梅宮典子:集合住宅周辺の樹木が室内外の温熱環境に与える影響に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp. 237-238,2002.8.

[132] H.B.リジャル,吉田治典,梅宮典子:ネパール人の冬季における快適温度とその地域差,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp.403-404,2002.8.

[133] 河野哲也,吉田治典,高橋智浩,近本智行,濱田和康:オフィスビルにおける自然換気システムの制御法に関する研究, 日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp. 489-490,2002.8.

[134] 松岡一平,吉田治典,井口悠哉,濱田和康:空調熱源と搬送システムの総合最適運転法に関する研究,空気調和・衛生工学会学術講宴会講演論文集,pp.413~416,2002

[135] 吉田治典:コミッショニングに求められる技術の動向,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,pp.493-498,2002

[136] 高橋和也,吉田治典,田中裕造,青竹紀子:市街地の温熱環境実測と数値シミュレーションによる予測,日本建築学会近畿支部研究報告集,第43号,環境系,pp.157-160,2003.6.

[137] 野田康隆,吉田治典,河野哲也:熱負荷予測を用いた夜間換気制御法の検証,日本建築学会近畿支部研究報告集,第43号,環境系,pp.333-336,2003.6.

[138] 宮田征門,吉田治典,松岡一平:空調二次側システムのモデルベース性能検証手法に関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第43号,環境系,pp.365-368,2003.6.

[139] H.B.リジャル,吉田治典:ネパールの伝統的住宅における薪消費の地域差と季節差,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),D-2,pp.1-2,2003.9.

[140] 高橋和也,吉田治典,田中裕造,青竹紀子:市街地の熱流・温湿度の実測とシミュレーションによる熱環境評価 その1 市街地の熱流・温湿度実測,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),D-2,pp.37-38,2003.9.

[141] 青竹紀子,吉田治典,田中裕造,高橋和也:市街地の熱流・温湿度の実測とシミュレーションによる熱環境評価 その2 シミュレーションによる市街地の熱流・温湿度の予測,日 本建築学会大会学術講演梗概集(東海),D-2,pp.39-40,2003.9.

[142] 野田康隆,吉田治典,河野哲也,近本智行:熱負荷予測を用いた夜間換気制御法の検証,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),D-2,pp.97-100,2003.9.

[143] 佐藤愛,吉田治典,伊藤麻美子:集合住宅の屋外空間における樹木の気候緩和効果の実測調査,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),D-2,pp.117-118,2003.9.

[144] 井上銀次郎,梅宮典子,鈴木玉美,吉田治典,西岡利晃,大倉良司:窓開閉行為が生起するときの温熱環境的条件に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),D-2,pp. 625-626,2003.9.

[145] 宮田征門,吉田治典,松岡一平:空調二次側システムのモデルベース検証法,空気調和・衛生工学会学術講演会講演論文集,pp.1249-1252,2003.9.

[146] H.B.リジャル,吉田治典:ネパールの伝統的住宅におけるシミュレーションに基づく冬の温熱環境評価,日本建築学会近畿支部研究報告集,第44号,pp.257-260,2004.6.

[147] 高橋和也,吉田治典,青竹紀子,伊藤清:渦相関法による乱流熱輸送測定の精度検証と市街空における熱輸送測定,日本建築学会近畿支部研究報告集,第44号,環境系,pp.129-132,2004.6.

[148] 伊藤清,吉田治典,青竹紀子,高橋和也:形状の異なる街区空間における熱環境実測とCFDによる予測,日本建築学会近畿支部研究報告集,第44号,環境系,pp.289-292,2004.6

[149] 西尾信寛,上谷芳昭,吉田治典:天気の変化に連動する昼光照明制御システムに関する基礎的研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第44号,環境系,pp.29-32,2004.6.

[150] 佐藤愛,吉田治典,伊藤麻美子,村上大輔:温熱環境改善のための樹木の蒸散作用モデルに関する基礎的研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第44号,環境系,pp.393-396,2004.6.

[151] 村上大輔,吉田治典,佐藤愛,伊藤麻美子:間接法による葉面積密度推定法の精度の検討,日本建築学会近畿支部研究報告集,第44号,環境系,pp.233-236,2004.6.

[152] 浅田昌彦,吉田治典,宮田征門:実事務所建物におけるVAVシステムの不具合検知・診断手法に関する研究,(第1報)スミルノフ・グラブス検定を用いた不具合判定手法,日本建築学会近畿支部研究報告集,第44号,環境系,pp.265-268,2004.6.

[153] 宮田征門,吉田治典,浅田昌彦:実事務所建物におけるVAVシステムの不具合検知・診断手法に関する研究、(第2報)実運転データを用いた不具合検知・診断手法の結果,日本建築学会近畿支部研究報告集,第44号,環境系,pp.269-272,2004.6.

[154] 鈴木圭一,田中哮義,原田和典,吉田治典:多層ゾーンモデルによる天井下気流の温度予測,日本建築学会大会学術講演梗概集,A-2,pp.173-174,2004.8.

[155] 西尾信寛,上谷芳昭,吉田治典:天気応答型昼光照明制御システムに関する基礎的研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,D1,pp.393-394,2004.8.

[156] 高橋和也,吉田治典,青竹紀子,伊藤清:渦相関法による熱収支測定の精度検証と市街地上空における熱収支測定,日本建築学会大会,D1,pp.833-834,2004.8.

[157] 伊藤清,吉田治典,青竹紀子,高橋和也:街区空間における熱環境実測とCFDシミュレーションの精度検証,日本建築学会大会学術講演梗概集,D1,pp.835-834,2004.8

[158] 細淵勇人,吉田治典,上谷芳昭:日射量測定値によるCIE標準一般天空の天空タイプ決定手法の検討,日本建築学会大会学術講演梗概集,D2,pp.59-60,2004.8

[159] H.B.リジャル,吉田治典:ネパールの伝統的住宅におけるシミュレーションに基づく冬の温熱環境改善,日本建築学会大会学術講演梗概集,D-2,pp.141-142,2004.8.

[160] 佐藤愛,吉田治典,伊藤麻美子,村上大輔:温熱環境改善のための樹木の蒸散作用モデルに関する基礎的研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,D2,pp.247-250,2004.8

[161] 村上大輔,吉田治典,佐藤愛,伊藤麻美子:間接法による葉面積密度推定法の精度の検討,日本建築学会大会学術講演梗概集,D2,pp.251-254,2004.8

[162] 中島里恵,吉田治典:京町家と集合住宅の冬期室内温熱環境とエネルギー消費量の比較検討,日本建築学会大会学術講演梗概集,D2,pp.285-286,2004.8.

[163] 浅田昌彦,吉田治典,宮田征門:VAVシステムの不具合検知・診断手法に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,D2,pp.1457-1458,2004.8

[164] 吉田治典:BEMS のコミッショニングと性能検証への利用,空気調和・衛生工学会大会講演論文集,pp.93-96,2004.9

[165] 王福林,吉田治典,北川博章,松本圭司,後藤今日子:モデルに基づくエアコンディショナーにおけるフィルタ-の性能検証,空気調和・衛生工学会大会講演論文集, pp.1331-1334,2004.9

[166] 北川博章,吉田治典,王福林,松本圭司,後藤今日子:空調システムの実測熱負荷とシミュレーション熱負荷の比較検証,空気調和・衛生工学会大会講演論文集, pp.361-364,2004.9

[167] 宮田征門,吉田治典,浅田昌彦:大規模建物におけるVAV ユニットの不具合検知・診断手法に関する研究,(第1報) 安定運転時データを用いた不具合検知・診断手法の提案と実証,空気調和・衛生工学会学術講演会論文集,pp.827-830,2004.9

[168] 浅田昌彦,吉田治典,宮田征門:大規模建物におけるVAV ユニットの不具合検知・診断手法に関する研究,(第2報) 予冷時データを用いた不具合検知・診断手法の提案と実証,空気調和・衛生工学会学術講演会論文集,pp.831-834,2004.9

[169] 北川博章,吉田治典,王福林,後藤今日子:マルチユニット空調システムのエネルギー消費の検証と省エネルギー改善に関する研究,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2005.3,pp.73-76

[170] 王福林,吉田治典,北川博章,後藤今日子:モデルに基づく直交流型プレートフィン式全熱交換器の性能検証,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2005.3,pp.77-80

[171] 宮田征門,吉田治典,浅田昌彦:VAVユニットの不具合がシステム全体のエネルギー消費量に与える影響に関する研究,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2005.3,pp.169-172

[172] 浅田昌彦,吉田治典,宮田征門:実建物におけるVAVユニットの不具合検知・診断手法に関する研究,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2005.3,pp.173-176

[173] 嘉門隆史、上谷芳昭、吉田治典、西尾信寛:ビデオ測色法による雲の観測に関する基礎的研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第45号,環境系,2005.6,pp.9-12

[174] 佐藤愛,吉田治典,福本歩:数種類の樹木の蒸散作用に関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第45号,環境系,2005.6,pp.149-152

[175] 田部充朗,吉田治典,高橋和也,伊藤清:地表面被覆状態が熱収支に及ぼす影響に関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第45号,環境系,2005.6,pp.181-184

[176] 真嶋一博,吉田治典,梅宮典子,中島里恵:街区における形態の異なる街路の温熱環境に関する研究 (その1)街路の物理的環境測定と歩行者の温冷感申告調査,日本建築学会近畿支部研究報告集,第45号,環境系,2005.6,pp.229-232

[177] 中島里恵,吉田治典,梅宮典子, 真嶋一博:街区における形態の異なる街路の温熱環境に関する研究(その2)人体の温熱快適性評価,日本建築学会近畿支部研究報告集,第45号,環境系,2005.6,pp.232-235

[178] H.B.リジャル, 吉田治典,ネパール・ヒマラヤ地域の住宅における冬の温熱環境,日本建築学会近畿支部研究報告集,第45号,環境系,2005.6,pp.313-316

[179] 浅田昌彦,吉田治典,宮田征門:VAVユニットの不具合がシステム全体のエネルギー消費量に与える影響に関する研究,(第1報) 実験室実験によるエネルギー浪費の分析,日本建築学会近畿支部研究報告集,第45号,環境系,2005.6,pp.325-328

[180] 宮田征門,吉田治典,浅田昌彦:VAVユニットの不具合がシステム全体のエネルギー消費量に与える影響に関する研究,(第2報) シミュレーションによるエネルギー浪費量の推定,日本建築学会近畿支部研究報告集,第45号,環境系,2005.6,pp.329-332

[181] 伊藤清,吉田治典,高橋和也,田部充朗:市街地上空の乱流相似関数に関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第45号,環境系,2005.6,pp.387-390

[182] 山羽基,赤司泰義,吉田治典,コミッショニングとシステムシミュレーション ―IEA/ECBCS/ANNEX40の研究から―,空気調和・衛生工学大会論文集,2005.8,pp.141-144

[183] 北川博章,吉田治典,王福林,後藤今日子,マルチユニット空調システムの省エネルギー改善に関する研究,空気調和・衛生工学大会論文集,2005.8,pp.1005-1008

[184] 鈴木圭一,田中哮義,原田和典,吉田治典,延焼拡大を考慮したオフィス空間の火災性状を予測,日本建築学会大会学術講演梗概集,2005.9,pp.249-250

[185] 西尾信寛,上谷芳昭,吉田治典,嘉門隆史,ビデオ測色法による天空輝度分布測定法の開発とその評価,日本建築学会大会学術講演梗概集,2005.9,pp.281-282

[186] 嘉門隆史,上谷芳昭,吉田治典,西尾信寛,ビデオ測色法による雲の観測に関する基礎的研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,2005.9,pp.283-284

[187] 真嶋一博,吉田治典,梅宮典子,中島里恵,形態の異なる街路における夏季の温熱環境に関する研究,(その1)街路の物理的環境測定と歩行者の温冷感申告調査,日本建築学会大会学術講演梗概集,2005.9,pp.645-646

[188] 中島里恵,吉田治典,梅宮典子,真嶋一博,形態の異なる街路における夏季の温熱環境に関する研究,(その2)温熱感覚の申告実験,日本建築学会大会学術講演梗概集,2005.9,pp.647-648

[189] 花平愛,吉田治典,福本歩,数種類の樹木の蒸散作用モデルに関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,2005.9,pp.993-994

[190] 宮田征門,吉田治典,藤井健太,浅田昌彦,VAVユニットの不具合によるエネルギー浪費の推定手法に関する,日本建築学会大会学術講演梗概集,2005.9,pp.33-36

[191] 田部充朗,吉田治典,高橋和也,伊藤清,種々の地表面状態における熱収支に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,2005.9,pp.49-52

[192] 伊藤清,吉田治典,高橋和也,田部充朗,市街地の接地境界層における乱流相似関数に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,2005.9,pp.61-64

[193] H.B.リジャル, 吉田治典,ネパール・ヒマラヤ地域の住宅における居住者の冬の温熱感覚,日本建築学会大会学術講演梗概集,2005.9,pp.473-474

[194] 北川博章,吉田治典,王福林,後藤今日子,マルチユニット空調システムのエネルギー消費の検証に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,2005.9,pp.1127-1130

[195] 王福林,吉田治典,後藤今日子,コミッショニングのための換気熱交換器のモデル化に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,2005.9,pp.1349-1350

[196] 王福林,吉田治典,松本圭司,エアコンの稼動を考慮した1分間隔の室温シミュレーションに関する研究,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,pp.25-28,2006.3

[197] 岩田卓郎,浅田昌彦,宮田征門,吉田治典,田邊陽一,柳澤忠宏,シミュレーションによるエネルギーベースライン推定手法(第一報)熱負荷によるエネルギー消費量の推定,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,pp.29-32,2006.3

[198] 浅田昌彦,岩田卓郎,宮田征門,吉田治典,田邊陽一,柳澤忠宏,シミュレーションによるエネルギーベースライン推定手法(第二報)ベースライン推定モデルとベースライン推定式の作成,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,pp.33-36,2006.3

[199] 宮田征門,吉田治典,山下健太郎,安岡稔弘,竹川忠克,名倉義行,小林陽一,金政秀,土壌蓄熱を有する空調システムの性能分析,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,pp.37-40,2006.3

[200] 田中宏昌,吉田治典,細淵勇人,堀川晋,オフィスビルにおける先端熱源の綜合効率,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,pp.69-72,2006.3

[201] 新宮浩丈,中島里恵,吉田治典,王福林,辻裕伸,綾部文博,地域冷暖房熱源システムの復コミッションニングと最適運転に関する研究その1,熱源システムのモデル化,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,pp.93-96,2006.3

[202] 中島里恵,新宮浩丈,吉田治典,王福林,辻裕伸,綾部文博,地域冷暖房熱源システムの復コミッションニングと最適運転に関する研究その2,運転モードの可視化による運転方法の検証と改善運転法の提案,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,pp.97-100,2006.3

[203] 上谷芳昭,西尾信寛,嘉門隆史,吉田治典:全天空輝度分布に応答する昼光照明制御システムに関する研究,その1,昼光照明制御法の開発,日本建築学会近畿支部研究報告集,第46号,環境系,pp.93-96,2006.6

[204] 西尾信寛,上谷芳昭,嘉門隆史,吉田治典:全天空輝度分布に応答する昼光照明制御システムに関する研究,その2,模型実験及びシミュレーションによる省エネルギー性の検証,日本建築学会近畿支部研究報告集,第46号,環境系,pp.97-100,2006.6

[205] 嘉門隆史,上谷芳昭,西尾信寛,吉田治典:静止気象衛星画像による全天空輝度分布の推定に関する基礎的な研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第46号,環境系,pp.117-120,2006.06

[206] 新宮浩丈,吉田治典,王福林,中島里恵:地域冷暖房熱源システムの最適な運転方法に関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第46号,環境系,pp.149-153,2006.6

[207] 田部充朗,山岡直子,吉田治典,伊藤清:人工排熱の位置が街区の熱環境に与える影響に関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第46号,環境系,pp.181-184,2006.6

[208] 真嶋一博,吉田治典,梅宮典子,H.B.リジャル:都市における路地の温熱環境の調査と評価に関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第46号,環境系,pp.225-228,2006.6

[209] 山岡直子,田部充朗,吉田治典,伊藤清:土地利用の異なる市街地上空の熱収支実測と分析,日本建築学会近畿支部研究報告集,第46号,環境系,2006.6,pp.277-280

[210] 岩田卓郎,吉田治典,宮田征門,浅田昌彦:ESCOのためのシミュレーションによるベースライン補正手法,(第1報) 熱負荷によるエネルギー浪費量の推定,日本建築学会近畿支部研究報告集,第46号,環境系,2006.6,pp.317-320

[211] 宮田征門,吉田治典,浅田昌彦,岩田卓郎:ESCOのためのシミュレーションによるベースライン補正手法,(第2報) ベースライン推定モデルによるベースライン補正式の作成,日本建築学会近畿支部研究報告集,第46号,環境系,2006.6,pp.321-324

[212] 王福林,吉田治典,松本圭司,1分間隔の室温シミュレーションによるエアコンのエネルギー消費量の推定,空気調和・衛生工学大会論文集,2006.9,pp.143-146

[213] 竹川忠克,安岡稔弘,名倉義行,小林陽一,金政秀,吉田治典,宮田征門,杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの分析,(その1)システム概要及び実測結果,空気調和・衛生工学大会論文集,2006.9,pp.263-266

[214] 宮田征門,吉田治典,安岡稔弘,竹川忠克,名倉義行,小林陽一,金政秀,杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの分析,(その2)シミュレーションによるシステム運転方法の検討,空気調和・衛生工学大会論文集,2006.9,pp.267-270

[215] 岩田卓郎,吉田治典,宮田征門,田邊陽一,柳澤忠宏,シミュレーションによるエネルギーベースライン推定手法,空気調和・衛生工学大会論文集,2006.9,pp.707-710

[216] 山本一郎,鄭明傑,伊藤嘉奈子,王福林,山口弘雅,橋本幸博,田中英紀,吉田治典,ビルマルチパッケージ空調システム試運転調整/機能性能試験に関するアンケート調査,空気調和・衛生工学大会論文集,2006.9,pp.1013-1016

[217] 小田久人,山口弘雅,宮田征門,塩谷正樹,渡邉剛,丹羽英治,吉田治典,コミッショニングのためのコイル特性実験とモデル精度の検証,空気調和・衛生工学大会論文集,2006.9,pp.1669-1672

[218] 新宮浩丈,中島里恵,吉田治典,王福林,既設地域冷暖房熱源システムの複コミッショニングと最適運転法の提案,空気調和・衛生工学大会論文集,2006.9,pp.1913-1916
[219] 嘉門隆史,上谷芳昭,西尾信寛,吉田治典:静止気象衛星画像を用いた全天空輝度分布の推定に関する基礎的研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,D1,pp277-278,2006. 9

[220] 上谷芳昭,西尾信寛,嘉門隆史,吉田治典:全天空輝度分布に応答する昼光照明制御システムに関する研究,(その1)昼光照明制御法の開発,日本建築学会大会学術講演梗概集,D1,pp279-280,2006. 9

[221] 西尾信寛,上谷芳昭,嘉門隆史,吉田治典:全天空輝度分布に応答する昼光照明制御システムに関する研究,(その2)模型実験およびシミュレーションによる省エネルギー性の検証,日本建築学会大会学術講演梗概集,D1,pp281-282,2006. 9

[222] 田部充朗,吉田治典,伊藤清,山岡直子:人工排熱の位置と量が街区熱環境に与える影響に関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,D1,pp573-574,2006. 9

[223] 真嶋一博,吉田治典,梅宮典子,H.B. リジャル:形態の異なる街路空間における夏季の温熱環境改善予測,日本建築学会大会学術講演梗概集,D1,pp609-610,2006. 9

[224] 花平愛,吉田治典:土壌水分ストレスを考慮した気孔コンダクタンスモデルに関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,D1,pp639-640,2006. 9

[225] 王福林,吉田治典,松本圭司: 1分間隔の室温シミュレーション法の精度検証,日本建築学会大会学術講演梗概集,D2,pp183-184,2006. 9

[226] 山岡直子,吉田治典,伊藤清,田部充朗:土地利用の異なる市街地上空の熱収支測定と分析 ,日本建築学会大会学術講演梗概集,D2,pp309-310,2006. 9

[227] 新宮浩丈,中島里恵,吉田治典,王福林:既設地域冷暖房熱源システムの最適運転手法の提案-複コミッショニングへの応用-,日本建築学会大会学術講演梗概集,D2,pp1245-1246,2006. 9

[228] 宮田征門,吉田治典,安岡稔弘,竹川忠克,名倉義行,小林 陽一,金政秀:杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの分析,(その2) シミュレーションによるシステムの運転方法の検討,日本建築学会大会学術講演梗概集,D2,pp1301-1302,2006. 9

[229] 小野永吉,吉田治典,王福林,新宮浩丈,堀川晋,田中宏昌,高村秀明,シミュレーションを用いた実複合熱源システムの最適組合せ運転法に関する研究,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2007.3,pp.49-52

[230] 新宮浩丈,吉田治典,王福林,小野永吉,辻裕伸,綾部文博,中根功博,地域冷暖房熱源システムの復コミッショニングと最適運転に関する研究,(その3)冷凍機冷却水温度設定値の最適化及び実験検証,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2007.3,pp.53-56

[231] 山口弘雅,吉田治典,シミュレーションを用いた水蓄熱式空調システムの最適運転手法の開発―潜熱処理を考慮した最適運転法の提案―,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2007.3,pp.69-72

[232] 李博,吉田治典,宮田征門,安岡稔弘,竹川忠克,名倉義行,小林陽一,金政秀,杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの性能分析,(その1)空調システムの性能検証実験とモデル化,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2007.3,pp.73-76

[233] 宮田征門,吉田治典,李博,安岡稔弘,竹川忠克,名倉義行,小林陽一,金政秀,杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの性能分析,(その2)シミュレーションによるシステムの運転方法の検討,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2007.3,pp.77-80

[234] 張兆明,吉田治典,宮田征門,岩田卓郎,田邊陽一,柳澤忠宏,実建物を用いたシミュレーションによるベースライン推定手法の検証,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2007.3,pp.81-84

[235] 古我卓真,吉田治典,田部充朗,山岡直子,山下道子,特性の異なる都市キャニオンの温熱環境実測とシミュレーションによる環境改善策の提案に関する研究,(その1)特性の異なる都市キャニオンの温熱環境実測,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2007.3,pp.119-122

[236] 田部充朗,吉田治典,古我卓真,山岡直子,山下道子,特性の異なる都市キャニオンの温熱環境実測とシミュレーションによる環境改善策の提案に関する研究,(その2)シミュレーションによる都市キャニオンの温熱環境改善策の提案,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2007.3,pp.122-126

[237] 青野政信,竹川忠克,名倉義行,小林陽一,金政秀,宮田征門,吉田治典,李博:杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの性能分析,(その3)運転実績の評価および性能分析,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.1213-1214,2007.8

[238] 李博,吉田治典,宮田征門,青野政信,竹川忠克,名倉義行,小林陽一,金政秀:杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの性能分析,(その4)空調システム機器モデルの構築と検証,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.1215-1216,2007.8

[239] 宮田征門,吉田治典,李博,青野政信,竹川忠克,名倉義行,小林陽一,金政秀:杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの性能分析,(その5)シミュレーションによるシステム運転法の最適化,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.1217-1218,2007.8

[240] 古我卓真,吉田治典,田部充朗,山岡直子,山下道子:特性の異なる都市キャニオンの温熱環境測定とシミュレーションによる環境改善策の提案,(その1)特性の異なる都市キャニオンの温熱環境測定,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.794-795,2007.8

[241] 山岡直子,吉田治典,田部充朗,古我卓真,山下道子:特性の異なる都市キャニオンの温熱環境測定とシミュレーションによる環境改善策の提案,(その2)シミュレーションによる都市キャニオンの温熱環境改善策の提案,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.795-796,2007.8

[242] 細淵勇人,吉田治典,上谷芳昭:天空放射輝度分布の熱負荷への影響に関する検討 ,日本建築学会大会学術講演梗概集 D-2,pp.227-228,2007.8

[243] 王福林,吉田治典, 小野永吉,新宮浩丈,堀川晋 ,田中宏昌,高村秀明:シミュレーションを用いた複合熱源システムの最適組合せ運転法に関する研究,その1 最適組合せ運転方法に関して,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.2129-2132,2007.9,

[244] 小野永吉,吉田治典,王福林,新宮浩丈,堀川晋,田中宏昌,高村秀明:シミュレーションを用いた複合熱源システムの最適組合せ運転法に関する研究,(その2)実建物での応用例,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.2133-2136,2007.9

[245] 新宮浩丈,吉田治典,王福林,小野永吉,辻裕伸:地域冷暖房熱減システムの復コミッショニング及び最適冷却水温度に関する研究,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.2105-2108,2007.9

[246] 宮田征門,吉田治典,李博,青野政信,竹川忠克,名倉義行,小林陽一,金政秀:杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの性能分析,(その3)冷却塔ファンのインバータ化に伴う運転の最適化,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.1761-1764,2007.9

[247] 竹川忠克,青野政信,名倉義行,小林陽一,金政秀,宮田征門,吉田治典,李博:杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの性能分析,(その4)運転実績の評価および性能分析,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.1765-1768,2007.9

[248] 岩田卓郎,吉田治典,張兆明,宮田征門:実建物を用いたシミュレーションによるベースライン推定法 (第一報) 推定法検証のための実建物における実験,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.2273-2276,2007.9

[249] 張兆明,吉田治典,岩田卓郎,宮田征門:実建物を用いたシミュレーションによるベースライン推定法 (第二報) 室温と外気取入量に関する検証,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.2277-2280,2007.9

[250] 鄭明傑,潘嵩,吉田治典:クールチューブ併用自然換気システムの性能検証 (第1報) CFD連成解析による自然換気解析方法,空気調和・衛生工学会大会学術講演会論文集,pp.1909‐1912,2007.9

[251] 潘嵩,鄭明傑,吉田治典:クールチューブ併用自然換気システムの性能検証 (第2報) 実システムの設計段階の性能検証,空気調和・衛生工学会大会学術講演論文集,pp.1913‐1916,2007.9

[252] 山口弘雅,吉田治典:蓄熱空調システムの最適運転法,(第4報)潜熱処理を考慮した最適運転法の提案,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.125-128,2007.9

[253] 松下直幹,山口弘雅,三浦光城,吉田治典:水蓄熱式空調システム最適運転のための負荷予測精度の検証と改善,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.1119-1122,2007.9

[254] 山口弘雅,吉田治典,松下直幹,木虎久隆:水蓄熱式空調システム最適運転のための負荷予測精度の検証と改善,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2008.3,pp.21-24

[255] 宮田征門,吉田治典,青野政信,竹川忠克,名倉義行,小林陽一,金政秀:杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの性能分析,(その3)シミュレーションによる採熱運転法の最適化とその効果の検証,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2008.3,pp.49-52

[256] 岩田卓郎,吉田治典,宮田征門:,熱負荷計算を用いた補正ベースライン推定モデルの構築法に関する研究,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2008.3,pp.53-56

[257] 小野永吉,新宮浩丈,吉田治典,王福林,辻裕伸,綾部文博,中根功博,吉成晃一:地域冷暖房熱源システムの復コミッショニングと最適運転に関する研究,(その4)運転モード自動決定ツールと既存システムの検証,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2008.3,pp.69-72

[258] 新宮浩丈,小野永吉,吉田治典,王福林,辻裕伸,綾部文博,中根功博,吉成晃一:地域冷暖房熱源システムの復コミッショニングと最適運転に関する研究,(その5)新設システムの検証と運転改善法の提案,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2008.3,pp.73-76

[259] 山下道子,吉田治典,王福林:水気耕栽培屋上緑化を利用した冷房熱源の効率向上に関する研究,(その1)水気耕栽培屋上緑化の冷却効果の実測および解析,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2008.3,pp.161-164

[260] 王福林,吉田治典,山下道子:水気耕栽培屋上緑化を利用した冷房熱源の効率向上に関する研究,(その2)冷房熱源の効率向上予測,空気調和・衛生工学会近畿支部学術研究発表会論文集,2008.3,pp.253-256

[261] 山岡直子,吉田治典,古我卓真:CFDと非定常伝熱の連成シミュレーションによる都市キャニオンのヒートアイランドの予測と対策(その1)シミュレーションの精度検証,日本建築学会近畿支部研究報告集,第48号,環境系,2008.6,pp.141-144

[262] 古我卓真,吉田治典,山岡直子:CFDと非定常伝熱の連成シミュレーションによる都市キャニオンのヒートアイランドの予測と対策(その2)建物の壁面改変による,ヒートアイランド対策の提案,日本建築学会近畿支部研究報告集,第48号,環境系,2008.6,pp.145-148

[263] 張兆明,吉田治典,宮田征門,新宮浩丈,山下植也,田代博一:シミュレーションを用いた空調用冷熱源の自動最適運転システムに関する研究,日本建築学会近畿支部研究報告集,第48号,環境系,2008.6,pp.329-332

[264] 山岡直子,吉田治典 ,古我卓真:CFD と非定常伝熱の連成シミュレーションによる都市キャニオンのヒートアイランド対策(その1)実キャニオンにおける建物壁面改変によるヒートアイランド緩和策の提案,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.905-906, 2008.9

[265] 古我卓真,吉田治典,山岡直子: CFD と非定常伝熱の連成シミュレーションによる都市キャニオンのヒートアイランド対策(その2)仮想キャニオンにおける建物壁面改変によるヒートアイランド緩和策の提案,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.907-908, 2008.9

[266] 山下道子,吉田治典,王福林:水気耕栽培屋上緑化を利用した冷房熱源の効率向上に関する研究(その1) 水気耕栽培屋上緑化の冷却効果の実測および解析, 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.1015-1016, 2008.9

[267] 王福林,吉田治典,山下道子:水気耕栽培屋上緑化を利用した冷房熱源の効率向上に関する研究(その2) 冷房熱源の効率向上予測, 日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.1017-1018, 2008.9

[268] 吉田泰基,吉田治典,宮田征門コミッショニングのための情報フロー統合メカニズムに関する研究,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.1011-1012, 2008.9

[269] 宮田征門,吉田治典,青野政信,竹川忠克,名倉義行,小林陽一,金政秀:杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの分析(その6)シミュレーションによる採熱運転法の最適化とその効果の検証,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.1101-1102, 2008.9

[270] 竹川忠克,青野政信,名倉義行,小林陽一,宮田征門,吉田治典,金政秀:杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの分析(その7)他施設への適用を仮定した効果検証,日本建築学会大会学術講演梗概集,pp.1102-1103, 2008.9

[271] 松下直幹,山口弘雅,木虎久隆,吉田治典:蓄熱空調システムの最適運転法,(第5 報)実建物への適用と運転実績の評価,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.117-120,2008.8

[272] 山口弘雅,田中誠,木虎久隆,吉田治典:蓄熱空調システムの最適運転法(第6 報)シミュレーションによる最適運転の効果検証,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.121-124,2008.8

[273] 小野永吉,新宮浩丈,吉田治典,王福林,辻裕伸,吉成晃一:地域冷暖房熱源システムの復コミッショニングと最適運転に関する研究,その1 運転モード自動決定ツールの構築と既存システムの検証,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.617-620,2008.8

[274] 新宮浩丈,小野永吉,吉田治典,王福林,辻裕伸,吉成晃一:地域冷暖房熱源システムの復コミッショニングと最適運転に関する研究,その2 増設システムの検証と運転改善法の提案,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.621-624,2008.8

[275] 宮田征門,吉田治典,青野政信,竹川忠克,名倉義行,小林陽一,金政秀:杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの性能分析,((その5)シミュレーションによる採熱運転法の最適化とその効果の検証,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.857-860,2008.8

[276] 竹川忠克,青野政信,名倉義行,小林陽一,宮田征門,吉田治典,金政秀:杭基礎を利用した自然エネルギーによる土壌蓄熱空調システムの性能分析,(その6)他施設への適用を仮定した効果検証,空気調和・衛生工学会学術講演論文集,pp.861-864,2008.8

[277] 潘嵩,鄭明傑,吉田治典:クールチューブ併用自然換気システムの性能検証 (第3 報) 冬期実測によるシステム性能の検証,空気調和・衛生工学会大会学術講演会論文集,pp.1445‐1448,2008.8

[278] 鄭明傑,潘嵩,吉田治典:クールチューブ併用自然換気システムの性能検証 (第4 報) 自然換気解析とCFD の連成解析による受渡し段階でのコミッショニング,空気調和・衛生工学会大会学術講演会論文集,pp.1449‐1452,2008.8

[279] 張兆明,吉田治典,宮田征門,新宮浩丈,山下植也,田代博一:シミュレーションを用いた空調用冷熱源の最適運転設計と運転に関する研究,空気調和・衛生工学会大会学術講演会論文集,pp.1663‐1666,2008.8

[280] 大曲康仁,吉田治典,宮田征門,三枝隆晴:シミュレーションを用いたVAV システムの給気温度設定値の最適化,空気調和・衛生工学会大会学術講演会論文集,pp.2199‐2202,2008.8

BACK