研究紹介 >> 2. 都市のヒートアイランドの解明とその緩和 >> 都市キャニオンの温熱環境改善


■ 都市キャニオンの温熱環境改善


□ 都市キャニオンの温熱環境改善に関する研究

 本研究では,
 1)同一街路において緑化量の違いが歩道空間の温熱環境に与える影響を把握すること
 2)複数の南北街路において街路形態の違いが歩道空間の温熱環境に与える影響を把握すること
を目的として,大阪御堂筋,堺筋,中橋筋において詳細な実測を行い,街路樹の量の差とキャニオン形状の違いにより気温などの温熱環境に違いがあることを見出した.さらに,実際の街区を詳細にモデル化し,CFDシミュレーションを用い,ヒートアイランド現象が顕著な都市キャニオンの温熱環境を改善するキャニオンデザイン案の検証を行った.結果,交通排熱の削減,街路樹の量を増やす,建物高さをアレンジしより強い循環風を起こす,水面を導入する,という案を複合したモデルでSET*が最大2K低下するという改善効果を確認することが出来た.現在は温熱環境緩和のための街区デザインに関する研究に取り組んでいる.



図-1 実測風景1

図-2 実測風景2



図-3 実測風景3

図-4 実測風景4



図-5 シミュレーションモデル鳥瞰図

図-6 シミュレーション結果(平面図)